18年ぶりの快挙!「少年の君」がアカデミー賞にノミネート

華流    3月17日

拡大

イー・ヤンチェンシー主演の映画「少年の君」が、今年のアカデミー賞の国際長編映画部門にノミネートされ、中華圏では18年ぶりの快挙となった。

3月15日、米国の映画芸術科学アカデミーが、今年のアカデミー賞のノミネート作品を発表した。国際長編映画賞(旧外国語映画賞)のノミネート5作品の中に、デレク・ツァン(曾国祥)監督の中国映画「少年の君」が入り、中華圏の映画にとって18年ぶりの快挙となった。

学校のイジメ問題をテーマにした「少年の君」は、2019年10月に公開されて大ヒットし、15億5800万元(約261億円)の興行収入を叩き出した。昨年5月の香港映画金像奨では、最優秀監督賞や最優秀作品賞など最多8部門を受賞し、主演のイー・ヤンチェンシー(易烊千璽)は最優秀新人賞を、チョウ・ドンユィ(周冬雨)は最優秀主演女優賞をそれぞれ受賞した。

さらに、「少年の君」は昨年7月のイタリアのウーディネ極東映画祭で、来場者が投票で決めるゴールデン・マルベリー賞を受賞。ほかにもイー・ヤンチェンシーは、昨年11月の中国の金鶏百花映画祭で最優秀新人賞を受賞した。

これまでにアカデミー賞の国際長編映画賞にノミネートされた中華圏の映画は7作品。監督別に見るとアン・リー(李安)が3作、チャン・イーモウ(張芸謀)が3作、チェン・カイコー(陳凱歌)が1作。これらのうち、受賞を果たしたのはアン・リー監督の「グリーン・デスティニー」のみとなっている。2003年にチャン・イーモウの「HERO」がノミネートされて以来、18年ぶりとなる今回の快挙に注目が集まっている。

日本時間の4月26日に行われる授賞式で、「グリーン・デスティニー」に次ぐ20年ぶりの受賞なるか。ファンの間で期待が高まっている。

関連記事



   

2021-03-03

2020-12-18

2020-08-10

2021-05-13

2021-02-04

2020-09-17

お問い合わせ

anomado・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

anomadoへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携