人気台湾ドラマ「時をかける愛」映画版を制作へ、俳優パトリック・シーがインタビューで発言

華流    3月12日

拡大

昨年の人気台湾ドラマ「時をかける愛」に出演した俳優パトリック・シーが11日、同作の映画版制作を語ったことがSNSでも話題となっている。

昨年の人気台湾ドラマ「時をかける愛」(想見你)に出演した俳優パトリック・シー(施柏宇)が11日、同作の映画版制作を語ったことがSNSでも話題となっている。

台湾で2019年11月にオンエアとなった「時をかける愛」は、中国でも大ヒットした人気ドラマ。また、韓国でもリメークが決定し、npioエンターテインメントとリアンコンテンツが版権契約を行ったことが先月末に報道されている。

このドラマで人気急上昇した台湾の俳優パトリック・シーが11日、台北市で高級ジュエリー・BVLGARI(ブルガリ)主催のイベントに出席。数カ月後に「時をかける愛」の映画版の撮影に入ることを明かした。上映時期は明らかになっていないが、パトリック・シーを含め女優アリス・クー (柯佳嬿)と俳優グレッグ・ハン(許光漢)、オリジナル版の3人がそろって出演すると語った。

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)でもこの話題がいち早く注目されており、「できるだけ早く見たい」と喜びの声が上がっている。なお、「時をかける愛」についてはプロデューサーの麻怡婷(マー・イーティン)氏が昨年2月のインタビューで、続編ドラマの制作については否定するも、「今後、映画版が誕生する可能性は高い」と語っていた。

関連記事



   

2021-03-18

2020-11-16

2021-03-26

2021-01-15

2021-02-15

2021-01-22

お問い合わせ

anomado・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

anomadoへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携