88年の歴史で初の快挙!シャオ・ジャンのシングル曲「光点」、IFPIの年間ランキングに登場

華流    3月10日

拡大

歌手で俳優シャオ・ジャンが昨年4月にリリースしたシングル「光点」が、国際レコード・ビデオ製作者連盟(IFPI)が発表した2020年のデジタル・セールス・シングルのグローバルランキングで第7位となった。

中国の歌手で俳優シャオ・ジャン(肖戦)が昨年4月にリリースしたシングル「光点」が、国際レコード・ビデオ製作者連盟(IFPI)が発表した2020年のデジタル・セールス・シングルのグローバルランキングで第7位となった。

IFPIは1933年に設立され、世界75カ国・地域に大手レコードレーベルを含む1300を超える会員を持つ国際的な音楽業界団体。このほど、2020年度の各種ランキングが発表され、デジタル・セールスされたシングル曲の売上ランキングとなる「IFPIグローバル・デジタル・シングルチャート」で、シャオ・ジャンの「光点」(Made To Love)が第7位に登場。IFPIの88年の歴史の中で、中国語曲の男性歌手がトップ10にランクインするのはこれが初となった。

「光点」は昨年4月25日にリリースされた。ニュースサイト・捜狐(SOHU)のデータによると、現在までの売上額は1億5200万元(約25億3700万円)となる。リリース後、24時間以内の売上枚数が2550万枚に到達し、デジタル・リリースされたシングル曲の1日の売り上げで、ギネス世界記録を更新している。

「IFPIグローバル・デジタル・シングルチャート」で2020年度の第1位となったのは、R&Bシンガーのザ・ウィークエンドの「Blinding Lights」。2位はトーンズ・アンド・アイの「Dance Monkey」、3位はロディー・リッチの「The Box」が続き、アジアからは韓国の男性グループBTS(防弾少年団)の「Dynamite」が10位に登場している。

関連記事



   

2021-02-18

2021-02-24

2021-02-21

2019-01-04

2020-06-27

2021-04-13

お問い合わせ

anomado・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

anomadoへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携