イーモウ・ガールだから? リウ・ハオツンのスピード出世が話題に

華流    3月10日

拡大

チャン・イーモウ監督映画のヒロインに抜てきされ、一躍人気女優となったリウ・ハオツンが、今度は監督夫人が立ち上げたブランドのイメージキャラクターになり、話題を呼んでいる。

デビュー後間もなくチャン・イーモウ(張芸謀)監督の映画「一秒鐘」(原題)でヒロインに抜てきされた、期待の新人女優リウ・ハオツン(劉浩存)。彼女があるブランドのイメージキャラクターになったことが話題を呼んでいる。

3月3日、チャン監督夫人が自身のSNSに投稿したコメントに注目が集まった。そこには、彼女が立ち上げた美容・健康ブランドのイメージキャラクターとして、リウ・ハオツンを起用したと書かれていた。

これを見たネットユーザーから驚きや羨望の声が上がり、「監督一家はリウ・ハオツンのことがかなりお気に入りなんだね」、「コネのなかった普通の女の子が、イーモウ・ガールになってから出世が早い」などのコメントが寄せられた。

知名度と人気がうなぎのぼりのリウ・ハオツンは、すでに大手通信会社・ZTE(中興通訊)と、世界最大の化粧品会社・ロレアルからもイメージキャラクターに抜てきされている。ほかにも、ある高級ブランドのイメージキャラクターになるという話も出ている。

また、本業の芸能関連の仕事では、国営テレビ・中央電視台(CCTV)で放送された、国宝を紹介する番組「国家宝蔵」(原題)に出演。さらに新人としては異例ともいえる、春節のテレビ特番「春節聯歓晩会」に出演するというスピード出世を果たした。

「無名だった私がここまで成長できたのは、すべてチャン監督のおかげです」と、謙虚な姿勢を見せたリウ・ハオツン。新世代のイーモウ・ガールは、どこまで出世していくのだろうか。

関連記事



   

2021-02-28

2020-12-09

2021-01-21

2020-12-02

2021-02-01

2020-12-15

お問い合わせ

anomado・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

anomadoへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携