中国版「紅白歌合戦」に、ワン・イーボーが初出場! 大盛り上がりの予感

華流    2月3日

拡大

「陳情令」でブレイクした俳優ワン・イーボーが、今回初めて「春節聯歓晩会」に出場する。それを知った大勢のファンが、リハーサル会場などに押し寄せている。

中国で最も重要な祝日とされる旧暦の正月、「春節」が間もなくやって来る。春節といえば、「民族大移動」とも称される帰省ラッシュと、家族みんなでテレビ番組「春節聯歓晩会」を見る光景が風物詩となっている。

「春節聯歓晩会」は旧暦の大晦日の夜に有名芸能人が一堂に会し、歌やコントを披露する番組。いわば中国版紅白歌合戦で、視聴率30%台に上るほどの国民的人気を誇る。今年は2月12日に放送予定だが、新型コロナウイルスの影響で帰省自粛や外出自粛が呼びかけられていることもあり、視聴率はさらに上がると予想されている。

今年の出演者には、ワン・イーボー(王一博)、ワン・ジュンカイ(王俊凱)、イー・ヤンチェンシー(易烊千璽)、アレン・レン(任嘉倫)、チェン・イー(成毅)などの若手人気俳優や歌手に加え、リー・シエン(李現)、リー・イーフォン(李易峰)、ディリラバ(迪麗熱巴)、チュー・イーロン(朱一龍)などの実力派俳優が決まっており、ファンは早くから彼らの動向に目を光らせている。

とりわけ注目を浴びているのがワン・イーボーだ。ドラマ「陳情令」で一躍有名になった彼は、歌やダンスがうまいだけでなく、オートバイやスケボーも乗りこなすマルチな才能をもち、いま中国で最も話題の一人となっている。

彼の一挙手一投足は日々人々の関心を集めており、今年の「春節聯歓晩会」出演が明らかになると、リハーサル会場の外にファンや記者が押し寄せた。

ワン・イーボーは以前とある番組で、「人気が出てから外に出るのが億劫になっている」と明かしたことがある。彼が宿泊しているホテルや、番組の収録会場から一歩でも外に出ると、大勢の人が押し寄せて歩けなくなるほどなのだ。その光景はメディアでしばしば取り上げられている。

今年の「春節聯歓晩会」では、ワン・イーボー、アンディ・ラウ(劉徳華)、クアン・シャオトン(関暁彤)の3人で歌を披露する模様。アイドル歌手でもあるワン・イーボーがどんなパフォーマンスを見せてくれるのか、期待が高まっている。

関連記事



   

2020-10-26

2021-01-04

2020-11-19

2021-03-18

2020-11-05

2020-12-15

お問い合わせ

anomado・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

anomadoへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携