1年越しで公開、妻夫木聡ら出演「僕はチャイナタウンの名探偵3」前売り券で新記録

華流    1月31日

拡大

昨年、新型コロナウイルスの影響で公開延期となった人気シリーズ最新作「唐人街探案3」(僕はチャイナタウンの名探偵3)が、昨年に続いて映画前売り券の販売額でトップに立っている。

昨年、新型コロナウイルスの影響で公開延期となった人気シリーズ最新作「唐人街探案3」(僕はチャイナタウンの名探偵3)が、昨年に続いて映画前売り券の販売額でトップに立っている。

中国の俳優ワン・バオチアン(王宝強)とリウ・ハオラン(劉昊然)が演じる探偵コンビに、前作にも出演した妻夫木聡が加わった人気シリーズの第3弾。日本から長澤まさみや浅野忠信、三浦友和、鈴木保奈美、染谷将太といった豪華な顔触れのほか、タイのアクションスターのトニー・ジャーも出演している。

もともと昨年の春節(旧正月)シーズンに公開予定だったが、新型コロナウイルスの影響により、中国では映画館が全面閉鎖されて中止に追い込まれた。それから1年、今年の春節に当たる2月12日に封切りを予定しており、29日に前売り券の販売をスタートした。

29日には、同じく春節に公開される話題の映画6作品も同時に前売り券を発売しているが、映画情報サイト「猫眼電影」のデータによると、「唐人街探案3」のチケットの売り上げが発売初日だけで5000万元(約8億1000万円)を突破。前売り券の売り上げの約75%を占める圧倒的な人気で、国産映画の前売り券では史上最速で5000万元を達成した。

なお、「唐人街探案3」は昨年も新記録を打ち立てており、国産映画の前売り券としては初めて1億元(約16億3000万円)を突破する人気となっていた。

関連記事



   

2020-12-31

2021-01-28

2021-04-20

2020-11-26

2020-10-22

2020-11-26

お問い合わせ

anomado・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

anomadoへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携