アンディ・ラウがTikTok開設、「インファナル・アフェア」名場面にいきなり2000万人集まる

華流    1月28日

拡大

香港の俳優アンディ・ラウが、ショートムービーアプリのTikTok(ティックトック)のアカウントを開設。わずか数時間で2000万人を超えるフォロワーを集めている。

香港の俳優アンディ・ラウ(劉徳華)が、ショートムービーアプリのTikTok(ティックトック)のアカウントを開設。わずか数時間で2000万人を超えるフォロワーを集めている。

27日、人気アプリのTikTokにアンディ・ラウのアカウントが出現。代表作の1つである2002年の香港映画「インファナル・アフェア」から、名場面を再現したパロディのショートムービーが公開された。香港メディアによると、アンディ・ラウのアカウントは今月22日に開設され、この動画もすでに投稿されていたが、TikTokでは27日にアンディ・ラウの公式と認証し、正式な公開に至ったという。

この29秒間の動画は、27日の投稿からわずか数時間で2000万人以上のユーザーに視聴され、シェア数は7万5000回を超えた。同日のTikTok(中国)人気ランキングではいきなり2位に登場。しかも1位に肉薄する数字をたたき出している。

アンディ・ラウはこれまで、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)やインスタグラムといったSNSのアカウントを一切開設しておらず、今回が初めてのこととなる。それだけに人々を驚かせており、「信じられない」「本当に本人のものか何度も確認した」といった声が上がった。公開された動画には、「いつまでも本当にカッコいい」「これが還暦目前の人だなんて信じられない」「アンディ・ラウの魅力は永遠」など、開設を喜ぶ多くのコメントが集まっている。

関連記事



   

2021-01-05

2020-11-13

2021-04-16

2021-01-20

2021-02-25

2020-11-12

お問い合わせ

anomado・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

anomadoへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携