「脚本が命!」期待の新人女優が語るチャン・イーモウ監督の助言が話題に

華流    1月15日

拡大

作品ごとに新人女優を抜てきすることで知られるチャン・イーモウ監督が、数千人の中から選んだリウ・ハオツン。「一秒鐘」後にもいくつもの作品に出演している期待の新人だ。

昨年公開された映画「一秒鐘」(One Second)で、ヒロインに抜てきされた女優のリウ・ハオツン(劉浩存)。彼女は中国を代表する映画監督チャン・イーモウ(張芸謀)に見いだされた新人で、逸材とのお墨付きを得ている。そんな彼女が取材者に語ったチャン監督のアドバイスが、いまネットで話題を呼んでいる。

そのアドバイスとは、「映画でもドラマでも、脚本さえよければ出演してよい。時代が変わってきているので、融通を利かせるべき」「お金を稼ぐために自分を消耗しないように。よい作品に着実に取り組むように」というもの。

この内容が報道されると、初のドラマ「上陽賦」(原題)に出演中のチャン・ツィイー(章子怡)が、過去にチャン監督から受けた助言が注目されることになった。それは、皮肉なことに「ドラマ出演は絶対に避けるべき」というもの。

実際のところ、チャン・ツィイーは「上陽賦」で15歳の少女役に挑んでいるが、ネットからは「違和感を覚える」「美しいけれど少女を演じるのは無理がある」などと大不評。チャン監督は、チャン・ツィイーがドラマにふさわしくないと思ったのか、当時はドラマを重要視していなかったのかは不明だが、ベテラン監督の助言はある意味的中したことになった。

新世代の「謀女郎」(イーモウ・ガール)として、中国映画界期待の星とされるリウ・ハオツン。チャン監督の助言を糧に、女優としてどこまで成長するのか。今後の活躍に注目していきたい。

関連記事



   

2021-01-21

2021-03-25

2021-03-05

2020-11-17

2021-04-29

2021-04-29

お問い合わせ

anomado・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

anomadoへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携