「瓔珞」でブレークの俳優シュー・カイ、ファンも注目“髪の生え際問題”を語る

華流    12月15日

拡大

中国の俳優シュー・カイがこのほど中国メディアのインタビューに答え、ファンからも指摘される頭髪問題について大胆に語っている。

中国の俳優シュー・カイ(許凱)がこのほど中国メディアのインタビューに答え、ファンからも指摘される頭髪問題について大胆に語っている。

25歳のシュー・カイは2018年、社会現象化するヒット作となった時代劇ドラマ「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」でブレーク。現在は「瓔珞」に主演した女優ウー・ジンイエン(呉謹言)との再共演となる時代劇ドラマ「尚食」を撮影している。

このほど新浪(SINA)のインタビューに答えたシュー・カイによると、ウー・ジンイエンとは再共演でもあり、「これ以上ないほど親しい」ことから、撮影はスムーズに進行しているという。ウー・ジンイエンとは同じ事務所に所属する同僚で、スタッフを交えたり、または個人的にも食事を共にするなど親しい関係にあるため、撮影が始まればすぐに感覚をつかめると語っている。

過去のインタビューでは、髪の生え際が後退してくることを自虐的に話していたシュー・カイだが、新浪のインタビューでもこの頭髪問題が話題に。何らかの方法で食い止める努力をしているのか聞かれたシュー・カイは、この問題をとても前向きに捉えているとのことで、「さらに後退が進めば植毛する」と大胆に語っている。

なお、ファンも注目するこの話題だが、「瓔珞」での前頭部をそり上げた辮髪(べんぱつ)姿が非常に似合っていたことから、「髪があってもなくてもいい」といった声も寄せられている。

関連記事



   

2020-11-05

2021-01-21

2020-10-08

2020-11-07

2020-12-21

2020-11-02

お問い合わせ

anomado・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

anomadoへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携