「デジタルスター100人」にジェイ・チョウやジョリン・ツァイら中華圏から26組

華流    12月11日

拡大

フォーブス・アジアが8日、アジア太平洋地区を対象にした初の試みとなる「デジタルスター100人」を発表した。写真はジョリン・ツァイ。

フォーブス・アジアが8日、アジア太平洋地区を対象にした初の試みとなる「デジタルスター100人」のリストを発表した。中華圏からは26組が選ばれている。

このリストは、SNSで多数のフォロワーを抱えて影響力を持つスターの中から選んだもの。今年は新型コロナウイルスの影響でステイホームが広がり、芸能人の活動も制限を受けたが、その中でもSNSを通じて人気をキープし、さらにコロナ禍で人々を激励し、かつ対策に貢献するなどの取り組みを行った人が中心に選ばれている。

100組のうち、中華圏からは26組が選出されている。台湾からは中国版ツイッター・新浪微博(Weibo)で4300万人のフォロワーを抱える女性歌手ジョリン・ツァイ(蔡依林)や、中華圏を代表する人気ミュージシャンのジェイ・チョウ(周杰倫)。さらにロックバンドのMayday(五月天)、俳優エディ・ポン(彭于晏)が選ばれた。

中国からは女優のヤン・ミー(楊冪)、アンジェラベイビー(楊穎)、チャオ・リーイン(趙麗穎)、ヤン・ズー(楊紫)、ディリラバ(迪麗熱巴)ら。俳優ではワン・イーボー(王一博)、リー・シエン(李現)、チュー・イーロン(朱一龍)はじめ、TFBOYSのイー・ヤンチェンシー(易烊千璽)、ワン・ジュンカイ(王俊凱)も選ばれている。

香港からはアクションスターのドニー・イェン(甄子丹)、男性歌手のイーソン・チャン(陳奕迅)らが選ばれたほか、シンガポールからは男性歌手のリン・ジュンジエ(林俊杰)、女性歌手のステファニー・スン(孫燕姿)が選ばれた。


ジェイ・チョウ

関連記事



   

2021-01-16

2021-02-25

2020-08-10

2021-01-26

2020-11-20

2020-11-26

お問い合わせ

anomado・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

anomadoへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携