2020年の「世界で最もヒットした映画」に中国の「八佰」、興行収入は480億円超え

華流    12月4日

拡大

今年8月に公開された映画「八佰」が中国で今年最大のヒット作となった。

今年8月に公開された映画「八佰」が中国で今年最大のヒット作となったほか、興行収入4億6000万ドル(約480億円)を記録して2020年に世界で最もヒットした映画となった。

新型コロナウイルスの影響で、中国では1月下旬から約半年間にわたって映画館が閉鎖に追い込まれた。その後、7月下旬に再開されたのち、真っ先に投入された新作映画がグアン・フー(管虎)監督の「八佰」。1937年の「第2次上海事変」で最後の戦闘となった「四行倉庫の戦い」を描いている。昨年の第22回上海国際映画祭で突如、上映中止になった話題作で、理由については国民党軍を美化する描写が問題視されたとも推測されている。

8月14日の封切り後、5日間で600万人を動員した「八佰」だが、9月下旬には興行収入が30億元(約470億円)を突破。その後、欧州やオーストラリアでも公開され、現在の興行収入は4億6000万ドル(約480億円)に。米映画「バッドボーイズ フォー・ライフ」は4億2000万ドル(約438億円)、「TENET テネット」は3億5000万ドル(約366億円)といずれも数字が下回ったことから、「八佰」が今年、世界で最もヒットした映画となった。

なお、10月の国慶節(建国記念日)の大型連休を狙って封切られた長編アニメ映画「姜子牙」も、今年の全世界の興行収入ランキングで6位に入る健闘を見せた。ジャッキー・チェン(成龍)主演の「急先鋒」(Vanguard)も同12位となっている。

関連記事



   

2020-11-28

2021-03-16

2020-10-28

2021-02-02

2021-04-10

2020-10-06

お問い合わせ

anomado・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

anomadoへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携